ご祝儀が足りないとき、消費者金融から融資を受ける方法もありますが、それと同時に、普段から取っておきたい対策もあります。このことを知っているだけでも、自分の身を助けることになるので有益です。では、ご祝儀に困らないようにする方法について、ここでは見て見ましょう。

まず大切なのは、普段からお金をコツコツと貯めておくことです。これは極めて当たり前のように見えますが、だからこそ軽視することはできません。短期間で大金を貯めるともなれば、さすがに難しいですが、そんな無茶な行動をする必要はないのです。それよりも、少額でも良いから、毎日何かしらの形で貯金を積み重ねていくことが、何よりも重要。最初は貯金を習慣にするのに時間がかかるかもしれないですが、徐々に慣れていくので大丈夫です。

次に、ご祝儀以外の出費をうまく抑えることも、資金調達には効果が期待できます。例えばですが、結婚式に参列する際、ヘアサロンでヘアスタイルを整えたり、あるいはドレスを準備するのに費用がかかったりします。こういった費用を少しでも安くすれば、浮いた分をご祝儀に回せるのです。

以上の方法を取り入れてみれば、想像以上にうまくやりくりできることに気づくでしょう。ご祝儀の調達1つを取っても、創意工夫があれば何とでもできるのです。


結婚式のご祝儀が足りないときは、何とかして資金調達したいものです。もちろん、その方法は複数ありますし、ご自身の好きな方法で現金を入手するのが良いでしょう。さまざまな方法の中でも、消費者金融を利用することがオススメなのですが、なぜそのように言えるのでしょうか。

まず、消費者金融は、手軽に利用できる点にあります。もちろん、きちんと職についていて、毎月ある一定の収入を得られることが前提とはなりますが、審査に通れば、利用可能枠内での融資を受けられるのです。しかも結婚式のご祝儀目的でしたら、何十万円にものぼることはないですし、たいていの場合は十分に足りるので、その点も安心です。

次に、消費者金融は法律に基づいて融資を行っている点にあります。金利の上限を厳守することはもちろんですが、総量規制と呼ばれている法律の下で運営がなされているのです。この法律では、「融資可能額は、手取り年収の3分の1を超えてはいけない」と決まっています。その分、無理な融資はしないので、返済の際に負担が多くなることもなく安心です。

以上の理由から、ご祝儀の資金調達の際は、消費者金融を利用してみるのがおすすめです。返済を定期的に行えば、賢明な活用につながります。


結婚式に参加する際に欠かすことができないのが、ご祝儀の存在です。新郎新婦の門出をみんなでお祝いし、感動に包まれた時間を過ごすのは、まさに至福のひとときと言えるでしょう。しかしながら、ご祝儀など金銭的な事情で参加をためらってしまうことだって多々あります。タイミング次第では、同じ月に何度も結婚式に参加する人だって居ることでしょう。こういうケースでは、結婚式で必要なお金もかさばるものです。では、結婚式におけるご祝儀目的で、一体いくらぐらいの融資を受けると言えるでしょうか。

これについては、新郎新婦との間柄がどうであるかによって変わってきます。例えばですが、自身の兄弟や姉妹が結婚する場合は、約5万円が相場であると言われています。それに対して上司や取引先の方が結婚する際は、約3万円が相場です。

また、同僚や部下の場合は、ケースにもよりますが2万円が平均です。この金額の違いは、自分の家族であるかどうかで大小が異なってくることを示しています。また、上司や取引先については、自分自身よりも立場が上ということもあり、金額が若干ながらも高いのです。もちろん、地域によって金額の違いはあるので、そのときは周りに相談した上で、消費者金融に申し込むのも良いでしょう。

金銭的にきついときもあるかもしれないですが、だからと言って結婚式に参加しないのは、どこか勿体無いものがあります。せっかくのおめでたい門出なので、なんとかご祝儀を用意してでも、参加した方が良いのです。


お金がない結婚式に参加したいが、どうしてもご祝儀が足りないとき、どうしたら良いか迷ってしまうものです。ましては給料日前みたいに財布の中身が寂しいときは、尚更です。こんなとき、消費者金融で一時的に融資を受ければ、悩みをうまく解決できます。

今ではさまざまな消費者金融が街中にはあります。その分、自分自身のニーズにマッチした金融機関を見つけるチャンスも多く存在するのです。また、消費者金融であれば、最低融資金額が1万円からと設定していることが多く、少額融資希望者には非常におすすめ。一般的に結婚式のご祝儀で必要な資金としては、ご家族であれば5万円、上司や取引先であれば3万円、同僚や部下や友人であれば2万円といったところが相場です。これぐらいの金額であれば、消費者金融が定めた融資可能枠内にうまく収まりますし、その場をしのぐには十分だと言えます。

もちろん、消費者金融に融資を申し込む以上は、審査に通ることが求められますが、利便性としては高いと多くのお客様から評判です。返済日は給料日に合わせて設定すれば良いことですし、何も下手に無理をする必要はありません。利用後もコツコツと返済していけば、必ず完済できる金額なのです。以上の点から考えると、結婚式のご祝儀で困ったときは、一度消費者金融に足を運んで相談してみるのもおすすめです。

こちらのサイトでは、ご祝儀で困った際の、消費者金融の利用について紹介。利便性の高い金融機関を賢く利用し、結婚式の費用をうまく調達できるように心がけましょう。