結婚式で必要なお金


結婚式に参加する際に欠かすことができないのが、ご祝儀の存在です。新郎新婦の門出をみんなでお祝いし、感動に包まれた時間を過ごすのは、まさに至福のひとときと言えるでしょう。しかしながら、ご祝儀など金銭的な事情で参加をためらってしまうことだって多々あります。タイミング次第では、同じ月に何度も結婚式に参加する人だって居ることでしょう。こういうケースでは、結婚式で必要なお金もかさばるものです。では、結婚式におけるご祝儀目的で、一体いくらぐらいの融資を受けると言えるでしょうか。

これについては、新郎新婦との間柄がどうであるかによって変わってきます。例えばですが、自身の兄弟や姉妹が結婚する場合は、約5万円が相場であると言われています。それに対して上司や取引先の方が結婚する際は、約3万円が相場です。

また、同僚や部下の場合は、ケースにもよりますが2万円が平均です。この金額の違いは、自分の家族であるかどうかで大小が異なってくることを示しています。また、上司や取引先については、自分自身よりも立場が上ということもあり、金額が若干ながらも高いのです。もちろん、地域によって金額の違いはあるので、そのときは周りに相談した上で、消費者金融に申し込むのも良いでしょう。

金銭的にきついときもあるかもしれないですが、だからと言って結婚式に参加しないのは、どこか勿体無いものがあります。せっかくのおめでたい門出なので、なんとかご祝儀を用意してでも、参加した方が良いのです。

Comments have been closed/disabled for this content.